心と体

2007/06/14

予期せぬ出来事。

今月6日に父が他界しました。
前日に、病院へ救急車で搬送されたのですが、地方病院のため対応できず1時間半かかる地域広域病院へ転院。
しかし、そこでも対応できず、札幌医大の高度救命救急センターへ運ばれました。

が、懸命の治療の甲斐なく翌日に他界。

あっという間に葬儀があり初七日があり。。。
まだ、父が他界したという実感はありません。
でも、実家には母一人が残ったのでさまざまな手続きを変わりにしなければなりません。

いろいろと大変です。


もっと父に親孝行したかった。
できれば孫の顔をみせてあげたかった。

残された母に父の分も親孝行したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/15

5日間

いやぁ、長かったのか短かったのか。。。

11日午後からの入院は今日の昼で終わりました。
はい、退院してきました♪

でも、今週は自宅療養するうようにと先生からのお達しが。
まだ完治はしておりませんが、自宅療養とクスリで様子を見ていくことになりました。

5日間しかいなかったけど、病院ではいろいろなことを体験してきました。
6人部屋の人間模様っていうのでしょうか?

ある意味いい経験をさせてもらいました。

さて、今週はゆっくりしてようっと。
なので、ドームにもいけないや(泣

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/21

人それぞれだからこそ・・・

人と接することは大変なことだったりします。相手の気持ちを汲み取って接することができなかったり、ついつい自分本位になってしまったり。

自分の性格からかもしれませんが、相手にあまり強く言うことはありません。ぶち切れるまでは。。。!?

でも、相手の言葉や行動の真意を汲み取れなくて自分自身で悩んでしまうというパタンになってしまうことが多いです。
最近、そういうことがあったりもして精神的に参っているのかもしれません。

いろんなことが良い方向に進んでいけばいいのにな。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/03/28

心と体の食い違い

気持ちの中ではまだ若干の浮き沈みがあったりするが、徐々に前向きになろうという方向で進みつつある。
がしかし、体がそれには付いてきてはいないようだ。

いまだ以前の食欲までは戻っていないからだ。ここ最近あまり食事をしていなかったからなのか、胃が小さくなったのかもしれないが、ここまで食事量が減ったかと自分でも驚くくらい。

あまりに食事量が減ったので、昨日の夕方立ち仕事してるときに、くらっときそうになったが(汗

結局のところ気持ち的にも体的にも無理せずに回復できればいいとは思っているんですけどね。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/23

客観的に判断されてみて思うこと。

先ほども書いたが、今日心療内科で軽鬱と診断された。
今回このような症状になった要因は自分でもわかっている。
でも、自分が晴れやかな気持ちになることで相手に辛い思いをさせたくないから、自分の中でどうにかしようとしたことが軽鬱になった原因だと思う。

過去を振り返ってみると、自分が壁にぶち当たったとき誰かに相談して解決しようとすることをしていなかったともう。自分の中で何とか処理しようと心の中に閉じ込めていたのかもしれない。

この性格が自分自身にとってよくないことだというのはよくわかっている。わかっているけど、なかなか治らないんですよね。

今まで、今回までの状態になったことはなかったが、今回この症状が出てきたことで、これからまた鬱が再発する可能性は否定できないのかもしれない。

ならないことにこしたことはないけど、またなったときのことを考えてこの病気ときちんと向き合っていかなければいけないかな?と思っております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

不安定

ここの所、精神的に気持ちの浮き沈みが非常に激しいです。
わかっているのに、抑えてられないというんでしょうかね。今日も仕事中に若干おきまして・・・

早退して、心療内科に行ってきました。心理テストやカウンセリングを受け、先生には「心配することはない程度だけど、軽鬱状態」ですね。と言われました。

そして、薬を貰ってきましたが。。。

薬を飲んで落ち着くのであればいいんですがね。

さて、どうなることやら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)