« 北海道旅行・おもてなしの旅(爆)その1 | トップページ | 北海道旅行・おもてなしの旅(爆)その3 »

2004/07/13

北海道旅行・おもてなしの旅(爆)その2

7月10日(土曜日)

 今日は早朝から行動開始。ちょっと二日酔いっぽい感じもしつつ、一人を迎えに行く。その後、レンタカー店へ行き本日から2日間借りる車を受け取りに行く。
 レンタカーはなんと、エスティマハイブリッドだった。なんてラッキーなんでしょう。しかも30%OFFキャンペーン中だったのでそこそこの値段で借りることができました。返却時、無事故で返すと抽選でカニなどが当たるキャンペーンもやっているそう。安全運転で行きましょう。自分の車をレンタカー屋に預けていざ出発。

 ホテルに宿泊している友人、そしてもう一人と迎えに行きドライブの開始となった。
途中まで室蘭から来ていた友達は用事があるとのことで、お別れし一路中山峠へ。

 あいにくの天気ではありましたが、中山峠に到着。銀のアスパラのオブジェは見えるのですが、その奥にある羊蹄山はまったく見えません。ここでは定番のあげいもを購入しみんなで食す。ついでにいももちも食す。(爆)

 ちょっと小腹も膨れたところで峠を下り、下りきったところにある喜茂別町のきのこ王国喜茂別店に立ち寄る。ここは大滝村のきのこ王国の支店なのですが国道230号沿いにあるし向かいにパークゴルフ場があるという立地からか意外とお客さんが多かったりします。ここでジュースよりも安いきのこ汁(100円)を食す。 昼だというのにちょこちょこと食べているためにおなかがすいたとは誰も言わず。また移動することに。

 ルスツリゾートの横を通り、留寿都の道の駅へ。ここは道の駅の裏が公園になっており遊具やキャンプ施設などがある。ここでのお目当ては、「みそまんじゅう」だ。また食べ物か?と思われるかもしれないが、おいしいものは食べておいたほうがいい(爆)道の駅施設内には浪越徳次郎氏の銅像がある。かの有名な指圧の先生である。マリリンモンローも指圧をしたことがあると昔TVで見たことがある。すごい人だ。晩年、たけしの元気が出るテレビで「ジェット浪越」と言われジェットコースターに乗っていた人物とは思えない(笑)

 次に訪れたのが隣村の真狩村にある「細川たかし歌う銅像」である。銅像の台座には手形が6つあり触れるとヒット曲が大音響とともに公園内に流れる。いかにも北海道らしいものである(笑)冬にここを訪れる人がいるのかどうかは定かではないが、地元の人が冬になったら銅像の細川氏にマフラーを巻くという話を聞いたことがある。ケンタッキーおじさんの衣装チェンジと似たようなものだろうか(笑)

 真狩村を後にして、次は京極町のふきだし公園へ。久しぶりに湧水口まで行ったが、相変わらず冷たい水でした。大量に水を汲みにくる人のために台車を無料で貸し出しているのは知っていましたが、最近は有料の電動台車(1往復300円?)というのもあるのに驚き。でも誰か使うんだろうか(笑)
入り口にある数件のお店では旬の野菜や果物なども売っていた。そこで生食できるとうもろこしが売っており、みんなで試食することに。意外とうまかったのか友人が購入していた。^^;

 次は、倶知安町を経由してニセコの道の駅へ。ここで産直品を買ったりちょっとした食べ物を購入しまた移動。蘭越町の道の駅である。ここでは小さめのソフトクリームが売っている。値段は150円。商品名は「ちょべっとソフト」(爆)ここでは量の少ないメニューにみんな「ちょべっと」と名前がついている。ソフトクリーム、カレー、そば・・・(汗) ここにはソフトクリームを食べるためだけにやってきた。個人的にはニセコの道の駅のソフトクリームよりおいしいと思っているからである。

 蘭越の道の駅を後にして次はニセコパノラマラインへ向かう。途中、昆布駅横の踏切を越えるときに踏み切りにのぼりがたっていた。「毎月23日は踏切の日」23日ってふみの日だけじゃないんだ(爆)なんてことを思いつつ・・・
パノラマラインは雲の中でした。雄大な北海道を満喫できる景色なんてみんな雲の中です。せっかく大阪からやってきた友人には残念ですが、再度リベンジしてもらうしかないでしょう。なんとか前が見えるような状態で山を下り岩内町へ。

 岩内町では円山リゾート地区へ行き、ちょっとは見えるきれいな景色をみてから街中へ行き、おみやげ物を買うために乾物屋とお土産屋へ。その後、共和町の農産物直売所にも寄り、一気に小樽へ。

 小樽ではまず、北一硝子へ行くことにしたのですが、到着した時間が17:40。18時までの駐車場が多くしばし駐車場探しを。何とか見つけて、小雨の降る中閉店直前の北一硝子へ。その後からくり動物園やオルゴール堂を見て回り、三重から来ていた友人と落ち合うために、ウイングベイ小樽へ向かう。

 ウイングベイ小樽の真ん中にある噴水のイベント広場で待ち合わせをして、しばし談笑。途中噴水ショウが始まったりしたのですが、どうも噴水の勢いがまばらで出ないのもあればすごい勢いで出るのもあり、なんかおかしかったです。(直したほうがいいですよ<ウイングベイ小樽さん)そんな中、ガラガラと音がしたので振り返ってみると、ショッピングカートの移動をしているところだったのだが、その長さが・・・カート200台くらいはあるんじゃないか?という位の長さで驚いてみていました。あまりにも驚いたので写真も撮る暇無し(爆)そして、小樽よしもとの跡地を見に行こうと言うことで移動したところ、本当に跡地になっており(爆)Mr.マリックの施設への改装中でした(笑)

 三重の友人はこの日小樽発のフェリーで帰宅するために、ここでお別れ。そしてご飯を食べに行くことに。場所はいつも行きつけのラーメン屋。ここは是非とも友人を連れて行きたいと思っていた場所なのではずすわけにはいきません。場所は定山渓にあるので小樽から朝里経由で行こうと思ったのだが、あいにくの天気で、また霧の中を運転するのはうんざりだったので、札幌市内経由で向かうことに。

 店に到着したのはもう21時頃でした。(汗)皆各自注文し、満足いく食事を。大阪から来た友人も大満足した様子。一緒に来た子供さんも、「世界一おいしいラーメン」「世界一おいしいチャーハン」「世界一おいしいかき氷」と言ってたので、連れてきた甲斐があったですわ。

 その後、ニセコワインの試飲のできるコンビニへ立ち寄り購入し、北海道限定品の穴場であるスーパーへ立ち寄り、いろいろと物色(笑)スーパーだけにやきそば弁当が88円だったりしました(爆)

そんなこんなで、みんなをホテルや家へ送った後、自分も帰宅。レンタカーも1日で400キロ近く乗りましたが、皆満足してくれたのならそれで自分も満足w

|

« 北海道旅行・おもてなしの旅(爆)その1 | トップページ | 北海道旅行・おもてなしの旅(爆)その3 »

コメント

ちゃんと行動通りなのねっ!
すごいわぁ♪ あげいも、きのこ汁、らーめん
どれも最高においしかった~w
しかし・・・あのカート行列は一生忘れないな(爆)

投稿: 73 | 2004/07/15 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行・おもてなしの旅(爆)その2:

« 北海道旅行・おもてなしの旅(爆)その1 | トップページ | 北海道旅行・おもてなしの旅(爆)その3 »